ポニー工業株式会社

校正サービス

校正サービス

不確かさと誤差の違い

 どのような測定でも、測定値は多かれ少なかればらついています。私たちが、さまざまな放射線測定器を使って得られる測定器の指示値は、本当の放射線量 (率)(真の値)示しているとは限らず”ばらつき”をもっています。もし測定器の指示値と、これから導かれる放射線量(率)は、一定の式で関係づけれらて いますが、評価された放射線量{率)の値は、さまざまな条件によってばらついています 。 このような測定結果のばらつきを”測定の不確かさ”といいま す。 従来測定結果のあいまいさを示すために、”測定誤差”という考え方が使われていましたが、実際の測定では、真の値は誰にもわかりません。そのため” 測定誤差”という表現をやめて”測定の不確かさ”という表現が使われるようになりました。

ページのトップへ